靴のお手入れ方法

ムートン

ムートンの革の特徴といえば、やはりふかふかした長い起毛。
冬のファッションアイテムとして、好まれるムートンですが、
スエード素材の靴と同じように、汚れやすく落とすのが大変な面があります。
色落ちや色のくすみ、また水に弱いため、雨ジミに気をつけなければなりません。
なので、雨ジミやカビを防ぎ、起毛を美しく保つことがポイントとなります。

ムートン

お手入れ方法

靴全体のブラッシング
毛並みをそろえるように優しく丁寧にブラシをかけます。

靴ブラシ

ひどい汚れがない場合
ブラッシングした後、全体的にスウェード専用のローションで汚れを取り除きましょう
汚れを取り除いたあと綺麗なクロスで軽くふき、再びブラッシングしましょう。

ふき取り

トラブルがある場合
カビが発生している場合は、その表面のカビを除去した後、起毛革用クリーニングローションで、カビの再発を防ぎましょう。
色落ちや色のくすみは、ブラッシングをしっかりやりましょう。それでもダメな場合は色を活性化させるスプレーを使用しましょう。

汚れがひどい場合
全体的にひどい汚れがある場合は、クリーニングに出すか、丸洗いします。
ぬるま湯を用意して、ムートン専用の洗剤を入れて、その中で手洗いをします。
手洗いをする前に20分ほど漬け置きしておくと汚れが落ちやすくなります。
洗った後は、陰干しでムートンブーツを乾かします。

タライ

脱いだ後や保管するとき
脱いだ後は、靴の中を除菌消臭スプレーでケアをします。また保管の際には、乾燥剤を入れておきましょう。

スプレー

ワンポイント

新品のうちにスプレーでシミや汚れを防ぐのも良いでしょう。
表面だけでなく、靴の中の湿気対策をしておくと、ニオイと雑菌防止になります。

その他の靴のお手入れ方法

カテゴリ別