靴のお手入れ方法

革靴

起毛・型押しなどをしていない革を使った靴です。
天然皮革や人工皮革などのさまざまな素材がありますが、表面がツルツルしているのが特徴です。
基本的には丈夫な革のため、最初は汚れたらクリーナーで汚れを落とし、防水スプレーをかける程度で大丈夫です。
ただ、履いていくうちに劣化していくので、定期的なお手入れは必要です。

革靴

お手入れ方法

靴全体のブラッシング
靴ブラシで靴についたホコリを落とします。
縫い目やシワなどの細かい部分、ヒール部分なども丁寧に汚れを落とします。

靴ブラシ

汚れを拭き取る
キレイな布を使い、皮革用クリーナーで靴の汚れを落とします。クリーナーは、全体に薄く伸ばすように塗ってください。

クリーナー

クリーナーの塗り伸ばし
部分的な汚れ落しが終わったら靴全体に、ムラなくクリーナーを塗り伸ばします。


ブラッシング
靴クリームを靴全体に馴染ませるためにブラッシング。
塗ムラがないように均一にすばやくかけるのがポイントです。


最後に
お手入れの仕上げに防水スプレーをかけます。
水分だけだなく油分からも靴を守ります。
また、汚れを付きにくくする効果もありますので後のお手入れが楽に。

防水スプレー

ワンポイント

素材によってシミや色落ちする場合もあります。
クリームやクリーナーのご使用の前に、目立たない部分で試してからご使用ください。

その他の靴のお手入れ方法

アイテム別のお手入れ方法