靴のお手入れ方法

長く愛用するためのポイント

■クリームで保護を

クリームで保護を

新しいうちにクリームを塗っておけば革に脂分が補給され表面に薄い保護膜ができます。
こうしておけば後のお手入も楽に行えます。

■靴にも休憩を

靴にも休憩を

2足以上の靴を交互に履いた方が長持ちします。
週に1回はクリーナーで汚れや古いクリームを落としてリフレッシュさせましょう。
こまめな靴のお手入れが靴をよりきれいに保ちます。

■保管する前にも

保管する前にも

汚れが残っているとカビの原因になるので、カビ防止スプレーを使うと効果的です。
また、靴を長時間しまい込む時は定期的に出して、風にあててから、カラ拭きをしてください。

素材別 お手入れ方法

雨で濡れてしまったときは・・・

雨水や汚れを拭き取った後、靴の形を整えながらティッシュでくるんだ新聞紙を中に入れます。そして、風通しの良い日陰で半日ほど乾かします。乾かしたあと、塩吹きが出ていることがありますが、布地にクリーナーを取って、丹念に拭き取るようにしてください。
クリームで栄養を与え、撥水スプレーを吹きかけることをおすすめします。雨に濡れた靴は必ず、お手入れをしましょう。

濡れた靴

ブーツのお手入れ

ブーツは、新品のうちに防水スプレーをかけておくのがおすすめです。ブラッシングのあとに、ブーツ用クリーナーで汚れをふき取ります。仕上げに乾いた布でカラ拭きをしましょう。蒸れやすいブーツには、雑菌やカビが繁殖します。
ニオイ対策と雑菌繁殖を防ぐために消臭スプレー等を使用しましょう。
保管する際に、形が崩れやすいロングブーツなどは、ブーツキーパーを入れて置きます。

ブーツ