バッグのお手入れ方法

長く愛用するためのポイント

■湿気が大敵

湿気が大敵

使用しないときは乾燥剤を入れておきましょう。
雨などで濡れてしまった場合は、 タオルなどで優しく拭き乾かしてください。

■保管も大切に

保管も大切に

型崩れやニオイが付くのを防ぐために、使い終わったら中を空にしましょう。
新聞紙を詰めて、できるだけ棚の上段に収納します。

■日頃からお手入れを

日頃からお手入れを

ホコリや黒ずみはバッグの寿命を短くします。
日常的なお手入れを怠らないことが大切です。

素材別 お手入れ方法

雨に濡れてしまったときは・・・

そのまま放置しておくと、必ずカビが生えてしまいます。
乾いた布等で拭き取ったあと、陰干しをしましょう。
直射日光、ドライヤー、ストーブなど高温での乾燥はしないでください。
あらかじめ防水スプレーを掛けておくと、雨染みはかなり防ぐことができます。

バッグの取っ手の汚れに注意

最も手に触れる「取っ手」は負担がかかりやすいため一番劣化しやすい部分になります。
本体はキレイでも、取っ手やショルダーの紐がボロボロだとバッグがとても古ぼけてみえてしまいます。
ここは定期的にお手入れしてあげましょう。

ヌメ革のお手入れ

ヌメ革とは、タンニンでなめした後に染色や塗料がされていない、天然のレザーのことをいいます。
ルイヴィトン・モノグラムシリーズの取っ手部分などによく使われています。
手垢の汚れや湿度などの関係で、肌色からアメ色、茶色へと変色していきます。
ヌメ革のお手入れは専用のクリームが市販されていますので、そちらを使用してください。
水が大敵で、商品を購入したらとにかく早めに防水スプレーでガードしてあげることが大切です。