入札の仕組み

ブランディアオークションは自動入札システムを使用しています。
自動入札とは入力した予算(最高入札価格)以内で、 システムが他の入札者と自動で競り合いをしてくれる機能です。
自動入札によって、入札者にはつぎのようなメリットがあります。

  • 自分の予算の範囲内で、できるだけ安い価格で落札できる。
  • 何度も入札する手間を省ける。

自動入札の流れ

入札例

用語解説
  • Q:開始価格とは?

    A:商品の一番最初の価格です。
    ※参考例の開始価格1000円です。

  • Q:入札単位とは?

    A:自動入札での競り合いは、入札単位と呼ばれる金額を現在価格に上乗せして行われます。
    尚、入札単位は商品によって異なります。
    ※参考例の開始価格100円です。

誰も入札者がいない場合

  • 誰も入札者がいない場合(競り合い)

    入札期限内に入札者が誰も現れませんでした。

  • 誰も入札者がいない場合(期限終了~落札)

    開始価格の1000円でAさんが落札です。

Bさんが1500円で入札した場合

  • Bさんが1500円で入札した場合(競り合い)

    Aさんの予算2000円に対して、Bさんが1500円で入札しました。

  • Bさんが1500円で入札した場合(入札結果)

    Aさんの予算がBさんを上回っている為、
    Aさんが落札候補者のままです。
    Bさんの予算+入札単位100円の1600円で自動入札されます。

予算2000円を超えるまで繰り返し

  • ※Aさんの入札額を超えるまで自動入札は繰り返されます。
    誰かが予算を超える入札額を設定した場合は、
    自動入札されません。
    再度、手動で入札する必要があります。

  • Bさんが1500円で入札した場合(期限終了~落札)

    他の入札者がAさんを上回る予算を設定
    しなかった場合はAさんが1600円で落札です。

Bさんが3000円で入札した場合

  • Bさんが3000円で入札した場合(競り合い)

    Aさんの予算2000円に対して、Bさんが3000円で入札しました。

  • Bさんが3000円で入札した場合(入札結果)

    Bさんの予算がAさんの予算2000円を上回った為、
    Aさんは自動入札出来ません。
    Aさんの予算+入札単位100円の2100円で
    Bさん落札候補者になります。

Aさんが商品を落札するためには、
再度、手動で入札する必要があります。

  • Bさんが3000円で入札した場合(再入札~入札結果)

    Aさんの予算がBさんの予算3000円を上回った為、
    Bさんは自動入札出来ません。
    Bさんの予算+入札単位100円の3100円で
    Aさんは落札候補者になります。

  • Bさんが3000円で入札した場合(期限終了~落札)

    他の入札者がAさんを上回る予算を設定しなかった場合は
    Aさんが3100円で落札です。

注意事項
  • ・即決価格が設定されているオークションでは、即決価格以上で入札すると、その時点で落札します。
  • ・入札者が入力した最高入札価格は、他の人から見ることができません。
     システムが入札した価格だけが、現在価格や入札履歴として公開されます。