1. ブランディア オークション
  2. 特集ページ一覧
  3. ロエベ(LOEWE) ヴィンテージ

ロエベ(LOEWE) ヴィンテージ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロエベ(LOEWE)
のヴィンテージをカテゴリから探す

ロエベ(LOEWE)の人気ワード

ロエベ(LOEWE)とは

ロエベ(Loewe)は、1846年、エンリケ・ロエベ・ロスバーグがマドリードに工房を開業。1872年にブランドとして設立した、スペインの伝統ある老舗高級ファッションブランドです。
19世紀中ごろにドイツ生まれの皮革職人だった開業者は皮革製品の大国、スペインへ行き、シルクのような上質の革と出合ったことに始まります。
当初は革の長椅子などを手がけていましたが、ブランドとして設立以来、革製の宝石箱など小回りの利く箱の製作などを展開し、主に貴族や富豪達から評判となります。
後に革製のバッグやトランクなどの制作も手掛け、スペイン王室にも認められていきます。斬新なコンセプトのブティックを次々とオープンするなど、1950年代にかけて大きく事業は拡大し、
ロエベはスペインを代表する一流ブランドにまで成長します。
1996年には、LVMHの傘下に入り、アパレルにも力を入れます。この頃から上流階級に多くの支持を得るブランドから中流階級にまで支持を得るブランドとして認知されて行きました。
ロエベは素材(品質)へのこだわりが強く、特に革の品質は他のハイブランドよりも高いと多くの人に評価されています。
柔らかくて肌触りが良く、持つ者の体にフィットする感覚を与えてくれる仔羊皮をなめした超高品質ナッパ素材を使用し、実際に使用するのはわずか数パーセントほどと言われています。
人気の定番バックはAMAZONA(アマソナ)基本的にデザインはシンプルでシックなイメージ、フォーマルな場所でも十分活躍できるようになっています。
高級で洗練されたロエベの製品は、世界中の王侯貴族やセレブリティを魅了し、現在、日本には35店舗以上が展開しています。今日でもそのブランドへの信頼は揺るぎないものとなっています。