1. ブランディア オークション
  2. ブランド一覧
  3. ドゥーズィエム(DEUXIEME CLASSE)

ドゥーズィエム(DEUXIEME CLASSE)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドゥーズィエム(DEUXIEME CLASSE)を
カテゴリから探す

ドゥーズィエム(DEUXIEME CLASSE)の人気ワード

ドゥーズィエム(DEUXIEME CLASSE)とは

「ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE)」は、1995年に、日本を代表するアパレル会社「ベイクルーズグループ」の株式会社ラクラスが展開した、
レディースセレクトショップ、そのオリジナルブランドです。
ブランド名はフランス語で「二等車、二番目」を意味し、そこには「ファッションの基本・根底といえるトラッドをベースに、
肩肘はらず少しだけ着くずす、そんなオシャレやライフスタイルを愉しもう」といった想いが込められています。
MODERN・MINIMAL・BALANCEをキーワードに女性らしい華やかさ、品の良さ、洗練された美しさの感じられるスタイリングの提案、
上品でおしゃれを楽しむ大人の女性をイメージし、ヨーロッパを中心に、世界中から集めてきた上質でハイセンスなアイテムをセレクト。
ランバンなど、エレガンスなハイブランドも積極的に取り入れますが、それでもカジュアルに演出しドゥーズィエム クラスとしてのイメージを感じとることができます。
そしてオリジナルブランドは、それらのアイテムに合わせられるような、品質にこだわりベーシックを軸としたアイテムを展開。
さらに、違ったコンセプトでドゥーズィエム クラスを表現するために、
2006年、東京・南青山に「アパルトモン ドゥーズィエム クラス(L’Appartment DEUXIEME CLASSE)」をオープンし、
2007年には上質なものを日常で使うラグジュアリーをテーマに「ドゥーズィエム クラス ラリュー(DEUXIEME CLASSE L’allure)」をオープン。
2012年にオリジナル アロマブランド「ドゥーズィエム クラスルビエ」も発売。
これらの背景には、ドゥーズィエム クラスが30代女性を中心に幅広い年齢層から支持されている証拠であり、
その上質でハイセンスなアイテムや演出が洗練度が高いと評され続けていることにあります。